重要刀剣 刀無銘 伝 左(刀)

商品名  重要刀剣 刀無銘 伝 左(刀)
無銘 作者
時代 南北朝時代前期 伝来  
指定 昭和39年6月30日 鑑定書 第12回重要刀剣 
価格  
刃長 2尺3寸2分(70.3㎝) 反り 6分弱(1.8㎝)
元幅 1寸1分弱(3.3㎝) 元重  
先幅 7分8厘(2.36㎝) 鋒長 1寸5分(4.5㎝)
茎長 6寸4分(19.4㎝) 茎反り なし
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、反り浅く、中鋒延びる。
板目に杢交り、肌立つ。
刃文 小湾れに互の目交じり、小足入り、砂流しかかり、小沸つき。
帽子 僅かに乱れ込み、先掃きかける。
彫物 表裏に棒樋丸止。
大磨上、先切、鑢目筋違、目釘穴三、無銘。
説明 大磨上無銘の刀で左と伝えている。一般に左と称する場合は、相州正宗門下の逸足、いわゆる大左の意に用いられているが、この刀は大左とは俄かに鑑し難いが、同時に一門中の誰の作とも言い難いものであり、名物の順慶左文字などの作にちかい。地刃健全で出来もよい。

特別重要刀剣 刀銘 折り返し銘 吉包作

商品名  特別重要刀剣 刀銘 折り返し銘 吉包作
折り返し銘 吉包作 作者 古備前 吉包
時代 鎌倉時代初期 伝来
指定 昭和50年10月29日 鑑定書 第4回特別重要刀剣
価格
刃長 70.0㎝ 反り 2.4㎝
元幅 2.7㎝ 元重 0.6㎝
先幅 1.95㎝ 鋒長 3.2㎝
茎長 16.4㎝ 茎反り 僅か
形状 鎬造、庵棟、大磨上ながら反り高く、中鋒。
板目、やや流れて肌立ちごころに地沸つき。
刃文 焼刃の広い直刃調、小乱れに丁字交じり、足・葉入り、小沸つき、砂流しかかり、金筋細かに入る。
帽子 直ぐに、先小丸、僅かに返り、表は掃きかける。
彫物
大磨上、折返しとなり、先切、鑢目勝手下り、目釘穴五、中三ッ埋、折返して指表に「吉包作」と折返し銘がある。
説明 大磨上ながら身幅広く、反り高い刀で吉包作の折返銘を残している。吉包は古備前派と一文字派とにそれぞれ同名があり、いずれも上手であるが、両者は区別し難い点もあり、この刀は身幅があり、先へ行って反りを伏しごころがあり、沸出来の小乱れに丁字を交えた刃文、銘振りは吉包作と三字銘で、比較的にやや大振りであるが古備前派の作である。地刃の出来優れ、かつ健全である。

特別重要刀剣 刀無銘 伝 二字国俊

商品名  特別重要刀剣 刀無銘 伝 二字国俊
無銘 作者 山城国二字国俊
時代 鎌倉時代中期 伝来  
指定 昭和62年11月11日 鑑定書 第10回特別重要刀剣
価格  
刃長 71.5㎝ 反り 2.4㎝
元幅 2.9㎝ 元重 0.6㎝
先幅 2.05㎝ 鋒長 3.5㎝
茎長 19.35㎝ 茎反り 3.0㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅広めに反りやや深く、輪反り風あり、中鋒。
板目肌、杢・流れ柾交じり、よく錬れて地沸厚くつき、地景交じり、淡く乱れ映り立つ。
刃文 直刃調に小丁字と子乱れごころ交じり、足・葉頻りに入り、沸厚くつき、砂流しかかり、細かな金筋入る。
帽子 僅かに乱れて小丸に返り、裏二重刃かかる。
彫物 表裏に棒樋を掻き通す。
大磨上、先栗尻、鑢目浅い勝手下り、目釘穴二、無銘。
説明 この刀は大磨上無銘乍ら、身幅が広く、鋒が猪首ごころの堂々たる体配で、鍛えは板目つみ、刃文は中直刃調の丁字、足・葉よく入り、指表の中程より下に独立した丁字の刃が交じり、総体に地刃共に沸づき、二字国俊の作風をよく示している。

特別重要刀剣 刀無銘 伝 相州 行光

商品名  特別重要刀剣 刀無銘 伝 相州 行光
無銘 作者 相州行光
時代 鎌倉時代末期 伝来  
指定 平成16年4月21日 鑑定書 第18回特別重要刀剣
価格  
刃長 71.3cm 反り 1.8cm
元幅 2.95cm 元重  
先幅 2.1cm 鋒長 3.2cm
茎長 18.3cm 茎反り 極く僅か
形状 鎬造、庵棟、身幅やや広く、鎬やや高く、大磨上にて反り浅めにつき、中鋒。
板目肌、刃より流れ、総じて良く錬れ、地沸厚くつき、地景頻りに入る。
刃文 中直刃調に僅かに浅くのたれ、互の目交じり、匂深く、小沸よくつき、刃縁にほつれ・二重刃などを交え、さかんに砂流しかかり、金筋入る。
帽子 直ぐに焼づめ風となり、掃きかける。
彫物 なし
大磨上、先切、鑢目切り、目釘穴二、無銘。
説明 この刀は大磨上無銘で、行光と伝える作である。鍛えは板目が刃寄りに流れ、総体によく錬れ、地沸厚く、地景が頻りに織り成され、焼刃は中直刃調に僅かに浅くのたれて互の目が交り、匂深で、小沸が厚くつき、金筋・砂流しの働きが豊富に見られるなど、相州上工の作風を顕現し、行光の所伝は妥当である。同工極めの中でも特に優品であり、鍛錬の精妙さは一段と秀でている

 

老松図透鐔

商品名  老松図透鐔
 無銘 正阿弥 作者
時代 伝来
指定  日刀保 平成8年8月9日 鑑定書  保存刀装具鑑定書付 上製桐箱付
価格 ¥130,000
サイズ  縦82ミリ、横82ミリ、耳5ミリ、切羽台5ミリ
説明  鉄地肉彫地透、金布目象嵌、変り丸形、丸耳、両櫃
鉄地黒く光沢があり、松葉を線彫し枝や耳に至るまで
金布目象嵌を施している。

1老松図透鐔 2老松図透鐔 裏

奔馬図大小鐔

商品名  奔馬図大小鐔
 (大)天保葵卯歳 坂井美次(花押)
(小)江戸芝白金住坂井美次(花押)
作者
時代 伝来
指定  日刀保 昭和54年12月2日 鑑定書  特別貴重小道具認定書付 特製大小桐箱付
価格 ¥300,000
サイズ (大)縦81ミリ、横77ミリ、耳3.5ミリ、切羽台4.5ミリ
(小)縦76ミリ、横72ミリ、耳3ミリ、切羽台4ミリ
説明 奔馬図大小鐔(大)縦81ミリ、横77ミリ、耳3.5ミリ、切羽台4.5ミリ

赤銅石目地、多か彫色絵、竪丸形、角耳、両櫃、耳は縁を鋤残し金色絵覆輪とする。
赤銅の石目地に景観として、なだらかな図を表現し跳躍する馬の姿を高肉彫で
金色絵を施し、野に伏す姿は赤銅で眼に金の点象嵌を加えている。
揃の小鐔も同様の手法を用いて、馬の表情豊かに跳躍感が伝わる作品となっている。

1奔馬図大小鐔 坂井美次(花押) 天保癸卯歳
(大)

2奔馬図大小鐔 坂井美次(花押) 天保癸卯歳裏
(大)

3奔馬図大小鐔 江戸芝白銀住 美次(花押)
(小)

4奔馬図大小鐔 江戸芝白銀住 美次(花押)
(小)

二匹龍図鐔

商品名  二匹龍図鐔
 無銘(佐野)献上 作者
時代 伝来
指定  日刀保 平成元年4月24日 鑑定書  保存刀装具鑑定書付
上製桐箱付
価格 ¥200,000
サイズ  縦71ミリ、横67ミリ、耳3.5ミリ、切羽台5ミリ
説明  赤銅七々子地、鋤出高彫、金色絵、竪丸形、両櫃
上質の赤銅に七々子を蒔き左右の縁に二匹の龍を彫刻した品良いもの。

1二匹龍図鐔 2二匹龍図鐔 裏

双鶴図鐔

商品名  双鶴図鐔
 越前住記内作(入記内) 作者
時代 伝来
指定  日刀保 昭和54年10月17日 鑑定書  特別貴重小道具認定書付
特製落込桐箱付
価格 ¥270,000
サイズ  縦77ミリ、横70ミリ、耳3ミリ、切羽台4ミリ
説明  鉄地、変り丸形、肉彫透
やや薄手の鐔で二匹の鶴を配し、羽根の表面に微細な毛彫をするなど入念に彫り表した上手の作で鉄地も良い。
記内の内の字が人ではなく入となっており入記内と呼ばれて人気が高い、昔からこの切銘のものには駄作が無いと言われている。

1双鶴図鐔 越前住 機内作 2双鶴図鐔 越前住 機内作

秋草図大小鐔

商品名  秋草図大小鐔
 江刕彦根住藻柄子宗典製 作者
時代 伝来
指定  (小)日刀保 平成元年10月6日 鑑定書  保存刀装具鑑定書付
上製桐箱付
価格 (大)¥300,000    (小)¥250,000
サイズ  (大)縦73ミリ、横70ミリ、耳5ミリ、切羽台6ミリ
(小)縦70ミリ、横68ミリ、耳4ミリ、切羽台5ミリ
説明 (大)秋草図大小鐔 縦73ミリ、横70ミリ、耳5ミリ、切羽台6ミリ

赤銅地、竪丸形、高彫色絵、金覆輪、両櫃
赤銅地文様の際に沿って深く鋤下げ、高彫部分には立体的に毛彫を加え
色絵を施している。耳には縄目の金覆輪を廻らす。 特製落込桐箱付

(小)秋草図大小鐔 縦70ミリ、横68ミリ、耳4ミリ、切羽台5ミリ

赤銅地、竪丸形、高彫色絵、金覆輪、両櫃
一見して古風な美濃彫を想わせるできである、地面全体を菊と萩の彫で埋め尽くす
耳には縄目に彫込んだ金覆輪を廻らすなど華麗な大小鐔である。

1秋草図鐔 江州彦根住 藻柄子宗典製
(大)

2秋草図鐔 江州彦根住 藻柄子宗典製
(大)

3秋草図鐔 小 江州彦根住 藻柄子宗典製
(小)

4秋草図鐔 小 江州彦根住 藻柄子宗典製
(小)

四葉透図鐔

商品名  四葉透図鐔
 越前住記内作(入記内) 作者
時代 伝来
指定  日刀保 昭和63年7月25日 鑑定書  保存刀装具鑑定書付
上製桐箱付
価格 ¥170,000
サイズ  縦78ミリ、横78ミリ、耳5.5ミリ、切羽台5.5ミリ
説明 四葉透図鐔  縦78ミリ、横78ミリ、耳5.5ミリ、切羽台5.5ミリ

鉄磨地、丸形、丸耳、肉彫透、両櫃(孔埋)
葉が花弁かは不詳であるが大柄な構図の堂々とした一枚で量感がある。
銘も力強く鮮明である。

1四葉図鐔 越前住 記内作 2四葉図鐔