重要刀剣 金象嵌銘 兼光

商品名 第36回 重要刀剣 金象嵌銘 兼光(刀)
金象嵌銘 兼光 作者 備前国長船兼光
時代 南北朝時代前期 伝来
指定 平成2年5月25日 鑑定書 第36回重要刀剣
価格
刃長 72.3㎝ 反り 1.9㎝
元幅 3.1㎝ 元重
先幅 2.3㎝ 鋒長 4.3㎝
茎長 22.1㎝ 茎反り 0.2㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、中鋒延びる。
板目肌、杢交じり、肌、立ちごころに地沸つき、乱れ映り立つ。
刃文 小のたれを主体に小互の目交じり、小足入り、金筋・砂流しかかり、小沸よくつく。
帽子 浅くのたれ込み、小丸やや突き上げごころに返り、先掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
大磨上、先栗尻、鑢勝手下り、目釘穴二、指表目釘穴の下中央に「兼光」と金象嵌銘がある。
説明 備前長船の金光は長光・傾向に続く長船の嫡流であり、南北朝時代を代表する投稿である。昨冬期間は元亨から応安にかけての50年の長きにわたっているが、ほぼ康永頃を境に作風が大別され、以前は景光風を継承したもの、以後はのたれを多く焼いて沸気のあるものがみられる。この刀は身幅が広く大鋒の南北朝期の豪壮な姿を示し、地刃に兼光の特色がみられて本阿弥琳雅の極めは首肯され、健全な作である。時代の外装1、現代の名工の外装1があります。