重要刀剣 談議所西蓮

商品名 重要刀剣 談議所西蓮
談議所西蓮 作者 筑前国西蓮
時代 鎌倉時代末期~南北朝時代初期 伝来  
指定 昭和56年12月1日 鑑定書 第28回重要刀剣
価格  
刃長 81.2㎝ 反り 2.3㎝
元幅 3.1㎝ 元重  
先幅 1.9㎝ 鋒長 3.2㎝
茎長 23.5㎝ 茎反り 0.4㎝
形状 鎬造、庵棟、腰反り高く、踏張りつき、中鋒。
板目肌、総体に柾がかって流れ、肌立ちて地沸つき、淡く白けごころがある。
刃文 直刃に小足入り、小沸つき、砂流しかかり、刃縁頻りにほつれ二重刃がかり、匂口は総じてうるみごころを呈す。
帽子 沸崩れごころに掃きかけかかる。
彫物 表裏に棒樋を掻き流す。
生ぶ、先栗尻、鑢目不明、目釘穴三、佩表茎中央に大振りの五字銘がある。
説明 西蓮は筑前国談議所に仕えた刀工で、光山押形に「筑前博多談議所国吉法師西蓮」と長銘で文保元年紀の太刀を載せていることから、国吉と西蓮は同一人で、西蓮はその入道銘であることが知られる。彼は大左の祖父にあたるが、その作風は九州物の伝統的なもので、地は柾がかって流れ、白気が立ち、刃は直刃ほつれでうるみごころの匂口の弱いものである。この太刀は数少ない西蓮在銘の太刀で、生ぶ茎である点も貴重であり、地刃はその典型である。埋忠名鑑所載