重要刀剣 太刀銘  藤嶋友重

 

商品名  重要刀剣 太刀銘 藤嶋友重
藤嶋友重 作者 藤嶋友重
時代 南北朝時代末期~室町時代初期 伝来  
指定 平成5年11月5日 鑑定書 第39回重要刀剣
価格  
刃長 64.2㎝ 反り 1.8㎝
元幅 2.9㎝ 元重  
先幅 2.0㎝弱 鋒長 3.5㎝
茎長 16.3㎝ 茎反り 0.3㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、重ねやや厚く、反りややつき、中鋒少し延びごころ。
板目、僅かに杢目交じり、処々流れて地景入り、地沸よくつき。
刃文 互の目乱れ、処々箱刃風となり、足・葉入り、処々僅かに砂流しかかり、沸つき、飛焼かかる。
帽子 直ぐに掃気かけ、表は焼きづめ、裏は小丸。
彫物 表裏に棒樋を丸止め。
生ぶ、先刃上り栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴二、佩表棟寄りにやや太鏨の四字銘がある。
説明 この太刀は室町時代初頭の応永を下らぬものと鑑せられ、同工の作風の特色を顕著に示した典型作で、しかも出来が優れている。生ぶの時代の外装がある。