重要刀剣 荘司筑前大掾大慶直胤(花押)

商品名 第34回 重要刀剣 荘司筑前大掾大慶直胤(花押)
荘司筑前大掾大慶直胤(花押)       文政6年仲春 作者 荘司筑前大掾大慶直胤(花押)
時代 江戸時代末期 伝来
指定 昭和63年4月14日 鑑定書 第34回 重要刀剣
価格
刃長 66.4㎝ 反り 2.0㎝
元幅 2.75㎝ 元重
先幅 1.9㎝ 鋒長 3.3㎝
茎長 19.0㎝ 茎反り 0.1㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、元先の幅差つき、重ね厚く、反り深くつき、中鋒。
小板目肌つみ、処々杢交じり、地沸つき、細かに地景入り、幽かに映り立つ。
刃文 互の目に角がかった刃・丁子・尖りごころの刃など交じり、処々僅かに逆ごころがあり、あし長くよく入り、匂勝ち小沸つき、細かに砂流しかかり、金筋入り、総体に匂口うるみごころとなり、刃中明るく冴える。
帽子 乱れ込んで先尖りごころにやや深く返る。
彫物 表裏に棒樋を掻き通し、添樋を掻き流す。
生ぶ、先栗尻、鑢目筋違に化粧つく、目釘穴二、佩表目釘穴より三字上げて茎中央(平地)に長銘と花押があり、裏に同じく目釘穴から四字上げて年紀がある。
説明 直胤は、安永7年に出羽国山形に生まれ、本名庄司「(荘司)箕兵衛(美濃兵衛)と称し、大慶と号した。文政4年頃に筑前大掾を受領し、嘉永元年に上洛して美濃介に転じている。彼は若年の折に江戸に出て、水心子正秀の門に入り、後に、師と同様に秋元候に仕え、細川正義と共に水心子門下の逸材となった。水心子入門の時期については明らかでないが、彼が23才の時の作刀に「庄司直胤 寛政13年正月日」の銘があることから、これより2,3年前の寛政11,2年頃と推定っされ、文化初年頃に独立したと考えられる。安政4年5月7日、75才で没している。この刀は、直胤が最も得意とした備前伝の作柄であり、角がかった刃が目立ち、しかも処々逆ごころが見られるところなどから長船刀工、就中、景光・兼光を狙ったものであろうか。殊に刃中が明るく冴えた出来口で、彼の特色がよく示された典型作であり、同作中の優品である。