重要刀剣 無銘伝 甘呂俊長

商品名 第38回  重要刀剣 無銘伝 甘呂俊長
無銘 作者 近江国甘呂俊長
時代 南北朝時代 伝来
指定 平成4年10月30日 鑑定書 第38回 重要刀剣
価格
刃長 70.55㎝ 反り 1.8㎝
元幅 3.0㎝ 元重
先幅 2.3㎝ 鋒長 7.5㎝
茎長 19.9㎝ 茎反り 0.2㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅広め、反りややつき、大鋒。
板目に杢交じり、やや肌立ち、地沸つく。
刃文 中直刃調に小互の目交じり、小足入り、処々ほつれ、小沸つ
帽子 浅くのたれて、先頻りに掃きかける。
彫物 表裏に二筋樋を掻き流す。
大磨上、先剣形、鑢目勝手下がり、目釘穴二、無銘。
説明 甘呂俊長は古来高木貞宗の門人と伝えられている。現存する有銘作は太刀・短刀ともにあるが、これらを見るに鍛えには柾気があり、刃文はほつれて二重刃かかり、帽子も掃きかけるなどして総体に大和気質が見られるところに特徴がある。この刀は中直刃調に小互の目を交え、小沸つき、処々ほつれを見せ、特に浅くのたれ込んだ帽子は沸ずいて頻りに掃きかけ、一見高木貞宗風でそれに大和色が加味された出来となっており、甘呂俊長と鑑するのが妥当である。渋味のある中にも、ほつれ・飛焼・湯走りなどの細かな働きが見られ、見所の多い作品である。