重要刀剣 無銘 古備前

商品名 重要刀剣 無銘 古備前
無銘 古備前 作者 無銘 古備前派
時代 平安末期~鎌倉時代初期 伝来  
指定 昭和41年4月20日 鑑定書 重要刀剣
価格  
刃長 2尺6寸3分(79.6㎝) 反り 9分5厘(2.88㎝)
元幅 1寸8厘(3.27㎝) 元重  
先幅 7分(2.1㎝) 鋒長 1寸(3.03㎝)
茎長 8寸(24.2㎝) 茎反り 1分半(0.45㎝)
形状 鎬造、庵棟、腰反り高く、踏張りあり、中鋒。
板目流れごころに肌立つ。
刃文 小乱れ丁字交じり、匂深く小沸つき足入り。
帽子 乱れ込み、小丸。
彫物 表裏棒樋角止。
生ぶ、先栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴五、無銘。
説明 古備前派は平安末期から鎌倉初期にかけて、備前の作刀を汎称して呼ぶものであり、友成・正恒・包平助平・信房・利恒・真恒・恒光・助包・吉包、その他多くの刀工が存在した。この作は生ぶ無銘の太刀で、腰反りが高く、踏張りがある姿、腰反り高く、小乱れに丁字が交じり、匂深く小沸がついて足の入った刃文にも古調があり、古備前派の誰とは決しがたいが、古備前の作風をよく伝えている。