重要刀剣 無銘 伝兼光 

商品名 重要刀剣 無銘 伝兼光
無銘 作者 備前国兼光
時代 南北朝期前期 伝来  
指定 昭和49年6月1日 鑑定書 重要刀剣
価格  
刃長 71.0㎝ 反り 1.8㎝
元幅 2.95㎝ 元重  
先幅 2.05㎝ 鋒長 5.5㎝
茎長 19.1㎝ 茎反り 0.2㎝
形状 鎬造、庵棟、身幅広く反りやや深く、大鋒。
板目に流れごころの肌交じり、地沸つく。
刃文 小のたれの互の目、角がかった刃など交じり、足入り、小沸つく。
帽子 乱れ込んで先尖りごころに小丸。
彫物 表裏に棒樋と添樋を掻き流す。
大磨上、先栗尻、鑢目切、目釘穴三、無銘。
説明 兼光は備前景光の子で二代つずいた。初代兼光は父景光の作風をうけて直刃、片落互の目を主として焼き、身巾尋常であるが、二代兼光は総じて身巾広く鋒延びて、刃文はのたれを主調としている。この刀は小のたれに互の目を交えて兼光の特色をよく示しており、地刃共に健全である。