重要刀剣 国広

商品名 重要刀剣 国広
国広 作者 山城国 国広
時代 安土桃山時代 伝来 飫肥 伊東家伝来
指定 昭和59年10月18日 鑑定書 第31回重要刀剣
価格  
刃長 70.85㎝ 反り 1.0㎝
元幅 3.0㎝ 元重  
先幅 2.1㎝ 鋒長 4.2㎝
茎長 21.1㎝ 茎反り なし
形状 鎬造、庵棟、身幅尋常、反り浅く、中鋒延びる。
板目に杢目交じり、処々流れて肌立ち、地沸つき、地景いる。
刃文 浅い小のたれを主調に小互の目・尖りごころの刃など交じり、総じて焼巾狭く、処々足入り、沸よくつき、ほつれ、砂流し・金筋かかり、匂口沈みごころとなる。
帽子 さかんに掃きかけ火焔風となる。
彫物  
磨上、先切り、鑢目筋違、目釘穴二、指表元穴の下、棟寄りに二字銘がある。
説明 国広は、もと九州日向の飫肥の城主であった伊東家に仕えた武士で、同家が没落したのち、諸国を遍歴しつつ、鍛刀の技術を磨き、その間各地で作刀した。慶長4年以後は、京都一条堀川に定住し、多くのすぐれた子弟を育て、慶長19年に没したといわれる。彼の作風は概ね二様に大別され、堀川定住以前の作には末相州や末関のものが見られ、定住後は、それらのものと作風を異にして、相州上工に範をとったと思われるものが多い。この刀は、常に見る国広の作に比べ、華やかさがなく地味ではあるが、浅い小のたれを主調に小互の目・尖りごころの刃などを交え、沸よくつき、砂流し・金筋がかかるなど志津風を感じさせるものがある。定住後のいわゆる「堀川打」の作例であり、国広の一作風を示している。