重要刀剣 刀銘 越中守正俊 谷干城将軍所持

商品名  重要刀剣 刀銘 越中守正俊 谷干城将軍所持
越中守正俊 作者 山城国三品系越中守正俊
時代 江戸初期 伝来 谷干城将軍所持
指定 昭和39年6月30日 鑑定書 第12回重要刀剣
価格
刃長 2尺4寸3分半(73.78㎝) 反り 5分(1.5㎝)
元幅 1寸3厘(3.12㎝) 元重
先幅 7分4厘(2.24㎝) 鋒長 1寸5分(4.55㎝)
茎長 6寸9分半(21.05㎝) 茎反り 僅か
形状 鎬造、庵棟、反浅く、中鋒延びる。
小板目肌つみ、地沸つく。
刃文 互の目、尖り刃、飛び焼交り、砂流し頻りとかかり、沸つく。
帽子 浅く湾れて先小丸に返る。
彫物
生ぶ、先栗尻、鑢目筋違、目釘穴二、表棟寄りに五字銘がある。
説明 越中守正俊は、三品系の祖兼道の子で、三兄伊賀守金道、和泉守金道、丹波守金道等とともに、美濃から京に移住し、新刀京鍜治の有力な一派として活躍した。四人の兄弟中では末弟であるが、その器用さは兄弟中第一で、本国美濃風の作の他に、相州伝の皆焼、大和伝の柾鍛に直刃など作域が広く、しかも地刃の出来が見事である。この刀は美濃風の作であるが、純然たる美濃ではなく、越中守らしい変化に富んだ作風を示しいている。しかも最も見どころは帽子であって、僅かに湾れ込んで先が尖ったいわゆる三品帽子の典型である。

44