重要刀剣 刀無銘 伝 左(刀)

商品名  重要刀剣 刀無銘 伝 左(刀)
無銘 作者
時代 南北朝時代前期 伝来
指定 昭和39年6月30日 鑑定書 第12回重要刀剣 
価格
刃長 2尺3寸2分(70.3㎝) 反り 6分弱(1.8㎝)
元幅 1寸1分弱(3.3㎝) 元重
先幅 7分8厘(2.36㎝) 鋒長 1寸5分(4.5㎝)
茎長 6寸4分(19.4㎝) 茎反り なし
形状 鎬造、庵棟、身幅広く、反り浅く、中鋒延びる。
板目に杢交り、肌立つ。
刃文 小湾れに互の目交じり、小足入り、砂流しかかり、小沸つき。
帽子 僅かに乱れ込み、先掃きかける。
彫物 表裏に棒樋丸止。
大磨上、先切、鑢目筋違、目釘穴三、無銘。
説明 大磨上無銘の刀で左と伝えている。一般に左と称する場合は、相州正宗門下の逸足、いわゆる大左の意に用いられているが、この刀は大左とは俄かに鑑し難いが、同時に一門中の誰の作とも言い難いものであり、名物の順慶左文字などの作にちかい。地刃健全で出来もよい。