重要刀剣 出羽大掾藤原国路

商品名 第11回 重要刀剣 出羽大掾藤原国路(刀)
出羽大掾藤原国路 作者 出羽大掾藤原国路
時代 江戸時代初期 伝来
指定 昭和38年10月25日 鑑定書 第11回重要刀剣
価格
刃長 2尺1寸9分(66.36㎝) 反り 6分5厘(1.97㎝)
元幅 1寸1分2厘(3.39㎝) 元重
先幅 8分7厘(2.64㎝) 鋒長 1寸8分5厘(5.6㎝)
茎長 5寸6分5厘(17.1㎝) 茎反り 5厘(0.15㎝)
形状 鎬造、庵棟、身幅広く反り浅く先反ややつき、中鋒大きく延びる。
板目に杢交り、ザングリとして肌立ちごころに地沸つく。
刃文 湾れに大互の目、互の目、丁字などを交え、飛び焼かかり、砂流ししきりに金筋入り、匂深く匂口よく冴えて小沸よくつく。
帽子 浅く湾れごころに掃きかけ、三品帽子風に、先尖って強く返
彫物 表棒樋、裏二筋樋、ともに掻流す。
生ぶ、先浅い栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴一、表、平に下の方次第に大振りの八字銘がある。
説明 出羽大掾藤原国路は堀川国広の門人で、脅威川辺に住したという。邦弘一門中では、作域が最も広く、種々の作風を見せているが、 この刀は志津の風を写して出来が最も優れている一口である。製作年代はその銘振りから見て元和七八年頃の作鑑せられる。但し同作中の白眉である。因に国路は慶長十九年から同二十年までの間に受領したと思われ、この銘振りのものは元和七八年頃の作である。