重要刀剣 兼國

商品名 重要刀剣 兼國
兼國 作者 美濃国兼國
時代 室町時代応永頃 伝来  
指定 昭和42年2月10日 鑑定書 第15回重要刀剣
価格  
刃長 68.0㎝ 反り 1.8㎝
元幅 3.05㎝ 元重  
先幅 2.2㎝ 鋒長 4.2㎝
茎長 17.2㎝ 茎反り 僅か
形状 鎬造、庵棟、先反りつき、反り浅く、中鋒延びる。
板目肌流れごころとなり、地沸つき、白け映り立つ。
刃文 小のたれ、小互の目、尖り刃など交じり、葉入り、沸つき、匂口沈みごころとなる。
帽子 表小丸ごころ、掃きかける。裏乱れて先尖りごころに返る。
彫物  
生ぶ、先栗尻、鑢目、鷹の羽、目釘穴二、指表、棟寄りに二字銘がある。
説明 室町時代における美濃物は備前に次いで多く、前時代の志津、直江のほかに関、蜂屋、赤坂、清水などにも刀工が多く、末期には、関がその中心であった。この作は直江派の兼國の作であり、同名中時代も応永は下らないものと鑑られ、出来もよい。