特別重要刀剣 刀無銘 当麻

商品名  特別重要刀剣 刀無銘 当麻
 無銘 当麻 作者  大和国当麻派
時代  鎌倉時代末期 伝来  
指定  第5回特別重要刀剣 鑑定書  特別重要刀剣
価格  
刃長  68.0糎 反り  1.4糎
元幅  2.7糎 元重  0.7糎
先幅  1.95糎 鋒長  3.6糎
茎長  17.7糎 茎反り  僅か
形状  鎬造、三ツ棟、大磨上げ、反り浅く、中鋒。
 板目、上半刃寄り流れごころとなり、地沸よくつき、地景入る。
刃文  直刃調、互の目交じり、喰違いあり、匂深く沸よくつき、上半特に沸強くなり、足・葉入り、金筋、砂流し頻りにかかる。
帽子  乱れこみ、先小丸にかえり、沸崩れがある。
彫物  
 大磨上、先栗尻、鑢目切り、目釘孔二、無銘。
説明 大和国当麻派は、鎌倉時代末期に国行を祖として始まるが、国行有銘作は極めて少なく、    国宝、重要文化財に各々一口が知られている。この刀はそれらに比べると多少刃中の働きがにぎやかであるが、無銘の極め物に見る当麻にはこのような作柄のものが多く、総体的に見て、地刃の作風は同国の手掻、尻懸,保昌などと異なり、地景がよく現れ、沸も強く、当麻派の作と鑑せられるものである。
(この刀は帽子の中に日・月の焼きがある、これは相州伝の正宗の特徴があるのがおもしい)
鑑刀日日抄続二 19,20頁所載
本間薫山 鞘書
広島城 古刀名作展出品

10.特別重要刀剣 刀無銘 当麻 up刀 無銘 当麻(証書) 刀 無銘 当麻(刃文) 刀 無銘 当麻(その他1) 刀 無銘 当麻(その他2)