重要刀剣(葵紋)越前国住康継(初代)

商品名 重要刀剣 (葵紋)越前国住康継 (初代)
(葵紋)越前国住康継 作者 初代 康継
時代 江戸時代初期 伝来 越前国梅垣神社
指定 平成5年11月5日 鑑定書 重要刀剣
価格  
刃長 77.55㎝ 反り 2.1㎝
元幅 3.05㎝ 元重  
先幅 2.0㎝ 鋒長 3.9㎝
茎長 20.35㎝ 茎反り 極く僅か
形状 鎬造、庵棟、身幅広め、やや長寸、元先に幅差がつき、元に踏ん張りごころがあり、反りやや深くつき中鋒延びごころ。
板目に杢交じり、肌目立ち、地沸よくつき、地景入り、かね黒味をおびる。
刃文 直刃調浅く湾れ、小互の目連れて交じり、小足頻りに入り、沸よくつき、地景入り、処々荒目の沸交じりややむらとなり、ほつれ、砂流しかかり、金筋よく入り、僅かに棟を焼き、匂口沈みごころとなる。
帽子 直ぐに小丸に浅く返り、表は三品風を呈し、表裏共に先掃きかける。
彫物 表裏に棒樋を丸止にする。(さらい深い)
生ぶ、先剣形、鑢目勝手下がり、目釘穴1、指表鎺下棟寄りに葵紋をきり、その下「越」の字を目釘穴にかけてほぼ中央に、細鏨大振りの六字銘がある。
説明 初代康継は近江国坂田郡下坂郷の出身で下坂市左衛門と称し、のち越前に移住、結城秀康に抱えられた、初期には「肥後大掾下坂」と銘していたが、慶長10年から11年の間に江戸に召されて、家康・秀忠両将軍の前で鍛刀し、その賞として葵紋及び「康」の一字を賜って名を康継と改めた。 この刀は、板目に杢が交じって肌目が立ち、かな色に黒味をおびた鍛えに直刃調浅く湾れた刃を焼き、小互の目を交え、小足が頻りに入り、沸よくつき、金筋・砂流しかかり、匂口が沈みごころとなり、表の帽子は三品風を呈しているなど、初代康継の特色ある作域を発揮した一口で、出来が優れている。なお、本作は、その銘文から越前在国打と思われるものであるが、この手の銘文のものは同作中でも比較的少なく、また如何なる訳か「以南蛮鉄」の添銘を見ない。