重要刀剣 備前国長船右京亮勝光 左京進宗光児島

商品名 第26回 重要刀剣 備前国長船右京亮勝光 左京進宗光児島作
備前国住長船勝光宗光児島ニテ作文明16年甲辰8月吉日 作者 備前国長船右京亮勝光、左京進宗光児島作
時代 室町時代中期 伝来 赤松家、勝光・宗光が戦勝祈願に作刀
指定 昭和54年3月2日 鑑定書 第26回重要刀剣
価格
刃長 74.1㎝ 反り 2.0㎝
元幅 2.9㎝ 元重
先幅 1.9㎝ 鋒長 3.5㎝
茎長 16.2㎝ 茎反り 0.2㎝
形状 鎬造、庵棟、寸長く先反りやや深く、中鋒。
板目肌、地景入り、地沸つく。
刃文 直刃僅かに互の目交じり、小沸つく。
帽子 直ぐに丸く返る。
彫物 表裏、丸止の棒樋。
生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢目勝手下がり、目釘穴二、指表、二行に長銘、裏棟寄りに文明年紀がある。
説明 末備前の代表工勝光・宗光兄弟の児嶋駐槌の一口で、俗名はないが、それぞれ右京亮勝光と左京進宗光である。地がねは地景を交じえたは板目で地沸が細かによくつき、刃文は僅かに互の目交じりの直刃で小沸がつき、帽子は直ぐに先丸く返っている。出来のよさも然る事ながら、銘文の資料価値も高い。  合戦に敗れて赤松政則は近畿へ敗走、勝光・宗光は細川領の児嶋に逃げ込みここで赤松政則の戦勝祈願をして作刀した刀と脇指です。